相続や不動産登記のご相談は、愛知県の安城市、司法書士・土地家屋調査士・行政書士のはっとり総合事務所にお任せください。

  • HOME
  • 事務所案内
  • 無料相談の流れ
  • よくある質問
  • 費用一覧
  • お問い合わせ

会社登記

商業登記の概要

商業登記

会社設立手続きには、定款作成・認証、必要書類作成、資本金振込み、登記といった手続が必要であり、面倒です。
しかし、会社設立手続は会社の基礎を定める重要な手続です。将来の繁栄に向けての第一歩として慎重且つ迅速に行いましょう。

また、役員変更の登記は、原則として変更から2週間以内に行わなければなりません。これを怠ると、法務局から100万円以下の過料を科せられることもあります。変更後は迅速に登記手続しましょう。

商業登記のポイント

手続きはお早めに

会社設立登記など商業登記のポイントとして手続きはお早めにしましょう

法律上、会社は登記をすることで初めて誕生すると定められています。登記をしてないと会社は事業を始めることは出来ません。一方、会社設立の手続は法務局の登記審査だけで1週間程度かかる場合があります。早く事業を開始されたい方は早めに手続に着手する必要があります。

自社の現状を十分把握した組織作りを

会社には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類あり、各社特徴があります。また、株式会社でも一定のルールのもと、多彩な組織を作ることが可能です。あらかじめ自社の現状・将来像を見据え組織作りすることをお勧めします。

営業許可

届出、営業許可ももちろん必要です

登記完了で会社設立の手続は終わりますが、会社設立後も、市区役所、税務署、社会保険事務所、労働基準監督署などいろいろな場所へ届け出が必要となります。また、業種によってはあらかじめ営業許認可が必要となるものもあります。お忘れになると、営業を開始できなかったり、思わぬ不利益を受けることもありますので、ご注意下さい。

役員登記を怠ると過料の制裁がある場合があります

役員変更の登記は、原則として変更から2週間以内に行わなければなりません。これを怠ると、法務局から100万円以下の過料を科せられることもあります。変更後は迅速に登記手続しましょう。

お気軽にお電話、メールでお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ0566-78-8107
メールでのお問い合わせ
pagetop